わきがを治療して悩みを解消|安心できる病院を探そう

切開法の意外なメリット

身体

半永久的な効果

わきがの原因となっているのはアポクリン腺という汗腺です。美容外科ではこのアポクリン腺を元から取り除くことによってわきがを治療することができます。わきがの治療法として近頃人気があるのは注射による方法で、ボトックスなどを注入することで筋肉が麻痺するという作用を利用して一定期間わきがの臭いが出ないようにするものです。注射の場合のデメリットは、効果が切れてきたらまた注射することが必要になるということです。もちろん、それでかまわないという人も大勢います。しかし中にはわきがと完全にさよならしたいと希望する女性も少なくありません。そのような女性にはむしろ切開法がおすすめです。切開法には独自のメリットがあるからです。

保険診療でもできます

わきがを切開法で治療すると何日も入院が必要になるのではないか、また、大きな傷跡が残って目立ってしまうのではないかというような不安を抱く人も多いことと思われます。ですが、わきがを切開法で施術しても、ほとんどの場合入院する必要はなく当日帰宅することができます。また、傷跡の治り具合は人によっても異なりますが、長くても半年程度が経過すればほぼ目立たないようになります。さらに、ボトックス注射によるわきが治療は自由診療となりますが、わきがのあることが確かな場合には保険診療で切開施術を受けられます。この場合費用は注射よりも安くてすみ、しかも効果はずっと続きます。このようにわきがの治療法として切開法は意外にメリットの多い施術法なのです。