わきがを治療して悩みを解消|安心できる病院を探そう

治療を受ける

女性

腋臭・多汗症治療

わきが・多汗症治療にはいくつかの方法がありますが、最も一般的かつ効果が高いと言われているのが「剪除法」もしくは「マイクロリムーブ法」と呼ばれる方法です。剪除法では、脇の下を数ミリ程度切開し、医師の目視下でエクリン腺とアポクリン腺を直接剥離する手術を行います。わきが・多汗症の原因であるエクリン腺とアポクリン腺を直接剥離することから、確実な効果が期待できる治療方法です。しかし傷跡が残る、あるいは術後のダウンタイムが長くなる可能性があるので、予めカウンセリングの段階で確認しておきましょう。傷跡に関しては、特に女性や脇の下をさらす機会が多い人にとって大きなデメリットとなりますし、ダウンタイムが長ければ仕事によっては長期休暇を取る必要があります。ただ腕のいい医師の元で行えば、そういったデメリットを回避することが出来るようになります。

ボトックスと電気凝固法

わきが・多汗症の症状が軽度の場合は、ボトックス治療でも十分な効果を得られると言います。ボトックスとは、ボツリヌストキシンを筋肉や汗腺に注射することで、その働きを一定期間抑制するという治療法です。ボトックスの場合は注射による治療のため、傷跡もダウンタイムの心配もありません。ただし効果が永続的ではないため、長い目で見れば剪除法の方が安上がりと考えられます。ボトックスの一段階上の治療方法に、電気凝固法があります。電気凝固法は、針を脇の下に刺して通電することで、汗腺を焼いて固めるという治療方法です。この治療方法は稀に脇の下を火傷する場合がありますが、特に大きな傷跡が残る心配もありませんし、回数を重ねることでわきがに対して半永続的な効果が期待できます。